外為オプション、レンジとは|gmoクリック証券の外為オプションと倍率

外為オプション、レンジとは|gmoクリック証券の外為オプションと倍率

バイナリーオプションでは、レンジ相場でも安定した利益を取ることができるのがメリットの1つです。レンジとは、為替相場においてはその8割がそうであると言われますが、簡単に言えば、横ばいのことです。チャートで見た場合は、横の直線に見えてしまう場合もあれば、ジグザグした波型の場合もあります。
外為オプションを例にとると、円高か円安には関係なく負けが決定する場合がありますが、例えばドルx円であれば、プラスマイナスで0.002円の上下幅を超えない場合は、レンジ外となって負けてしまうのです。レンジとは幅という意味ですから、その幅があまりにも小さければ、レンジの外側、となってしまうわけです。つまりレンジとは一般にバイナリーオプションには関係ないように思えますが、外為オプションのようにレンジ外を採用しているところは少なくありません。
また、外為オプションではポジションが偏ったりどちらかのオプションが大量に買われた場合、その一方が完売となる場合があります。つまり予想した方向で買えないわけですから、そのチャンスは買いを出さないのが普通です。完売は解除されることもあるようですが、せっかくシンプルなルールを楽しんでいるのに、という方も多いようです。